性格の不一致【離婚・相談・カウンセリング】福岡離婚相談センター/NPO法人心の卵

性格の不一致

離婚理由や原因というものは個々により様々ですが、男女共に離婚理由でのトップは性格の不一致です
離婚した人の全体で60%以上の離婚理由が「性格の不一致」

一見、傍からみると「性格の不一致!?」当たり前ではないか!といいたくなりますよね

生まれ育った場所や生活環境、友人や交友関係、学校、就いてきた仕事、それぞれ違うわけで、100%同じ価値観を持っている人がいる訳ありません
そもそも夫婦とは男と女という根本的な人間性の違いがありますで、性格が不一致なのは当然の事です

しかし、結婚生活の中には理屈では説明できない事も多くあります。

人間には色んな価値観があり、相手の趣味や癖、欠点までも相手の個性として受け入れることができ、その違いに魅力を感じて結婚し、楽しい結婚生活を送る事ができていたのですが、結婚生活が長くなれば長くなるほど、「違い」に不快を感じ、夫婦間に大きな溝を作ることになってしまいます。
そして、愛情が消えて「不快」から「憎悪」に変わり、離婚という結果をもたらすのです

「性格の不一致」といいますが、本当の原因は「性格の不一致」ではなく、長年夫婦として「苦楽」を共にして生きていくための、お互いの努力や本音での向かい合い、問題を解決するための決め事などを怠っていたのではないでしょうか?

離婚できるのか?

ひとえに「性格の不一致」といえど様々な要素があり、曖昧な部分も多く便利なので、これを理由にする人が多いのですが、この「性格の不一致」というのは離婚の正式な原因としては法律上は認められていません。

「性格の不一致」これだけを理由として離婚を申し出ても難しいでしょう

性格の不一致という離婚理由には責任の所在がありません。

どちらが悪いわけでもなければ、どちらも悪いのです。

仮に、「性格の不一致」を理由に夫婦間協議しても不成立。次は調停を申し立てることになりますが、相手が納得しなければ調停も不調に終わります。

次は裁判という手段になるのですが、裁判には「正当な理由」が必要です。「性格の不一致」は正当な理由に認められませんので、裁判は難しくなります。

中には本当の理由を明かさない人や、何が不一致なのか判ってない人も居ますので、決して突発的な行動は起こさず、一度相談にいらして下さい。
全力であなたをサポートします。

修復できるのか?

①婚姻適齢

一度生じてしまった性格の不一致は、どこか一つを直せば修復できるというほど、簡単なものではありません。
しかし、修復できないわけではありません。善夫婦関係を修復する余地があることが前提となり、努力は絶対に必要ですが。

「会話を交わせば喧嘩ばかり」という状況は多くあります。それは、何かにつけ反対したいだけなのです

男性はプライドで生きている所があります、だから奥さんが御主人を否定するような事を言えば、ご主人はあなたを否定します。御主人に対して尊敬や尊重することがなければ、あなたに対しての尊敬や感謝の気持ちが生まれる事はありません。 ましてや子供の前で御主人を否定すれば、子供も御主人を否定します

これでは、夫婦f関係どころか家族関係も崩壊します

長年連れ添った夫婦でも、赤の他人ということを忘れないでください。他人だから夫婦になれたのですから

そして、あなたに修復したいという気持ちがあれば早急に相談にいらして下さい。私達は全力でサポートします。

離婚.相談.福岡離婚相談センターのお問合せ 0927918270 離婚.相談.福岡離婚相談センター メールでのお問合せ

PAGE TOP