熟年離婚【離婚・相談・カウンセリング】福岡離婚相談センター/NPO法人心の卵

熟年離婚について

結婚して20年以上の夫婦の離婚や、御主人の定年退職を期に離婚する夫婦を熟年離婚と呼びますが、 熟年離婚の件数はひたすら増加傾向にあり、ここ10年で2倍近い増加率となっています。

そして熟年離婚を切り出すのは妻からというケースが圧倒的に多いようです。
長年不満を抱えていた妻が、「年金分割制度」や「子どもの自立」に後押しをされ、一時期話題になっていた「熟年離婚」や「婚外恋愛」というメディア情報などで安易に離婚を決意しやすくなっているのかも知れません

離婚できるのか?

先ほども書いたように、離婚を切り出すのは妻からというケースが圧倒的に多く、その理由が「性格が不一致」が全般的です

「性格が不一致」のページでも書きましたが、この「性格が不一致」の内容が曖昧で具体的な指摘が少ないのです。

奥さん側からしてみれば、長年積もった不満を羅列しているのでしょうが、男性は「理屈」で物事を考えますので、御主人側からみると納得できない部分が多いのです
女性は「直感」で物事を判断しますので、嫌なものは嫌、最後に主張するのは「嫌だから」という一言になってしまいます

離婚調停を申立てても御主人側は納得できない事が多いので、調停から裁判に移行するケースもあり、決着までにかなりの時間を要します

最終的には御主人が折れて、離婚に関しては合意に至る可能性はありますが、財産分与や慰謝料などの金銭問題が、長引く理由の一つにもあります

熟年離婚の本当の理由

性別役割分担意識からくる不満が多いのではないでしょうか。

性別役割分担とは、「男は仕事、女は家事・育児・買物(男は妻子を養い、女は家庭を守る)」という概念なのですが、その意識が強いと「自分が働くことで家族を食べさせている、妻は俺が稼がなければ生きていけないんだ」とつい口に出して言ってしまうのです。

女性からみれば「馬鹿にしている」「卑下されている」と感じる人もいるでしょう

そして御主人が定年退職したら年金暮らしですから、立場は対等になるわけです。離婚すれば財産分与と年金分割ができるので、わざわざ嫌な思いをして同居する理由がなくなり熟年離婚という結果が生まれるのでしょう

修復できるか?

熟年離婚で、調停や裁判に発展した場合、正直なところ修復は難しいと思われます

離婚を切り出される前に、改善して予防する事が大切です

日頃から、相手を尊重し共同生活としての協力や感謝の言葉など忘れないように

どうしたら良いのか判らない方、安心して相談にいらして下さい。男性の相談も受けております

離婚.相談.福岡離婚相談センターのお問合せ 0927918270 離婚.相談.福岡離婚相談センター メールでのお問合せ

PAGE TOP