借金・バクチ・ギャンブル【離婚・相談・カウンセリング】福岡離婚相談センター/NPO法人心の卵

借金・バクチ・ギャンブル

働かない・働けない、ギャンブル、浪費、借金・・・
金銭トラブルに絡む離婚問題は増加傾向にあり、 結婚生活において生活費の不足というのは、夫婦関係の破綻や離婚に直接繋がる一因であります。

現在では共働きの家庭も多くなりましたが、配偶者が失業したり、働いてくれない家庭では生活苦は避けられません。
また、働いてい定期収入があるにもかかわらず、ギャンブルや浪費に生活の糧を失ってしまえば生活苦になることは誰の目にも明らかです。

離婚できるのか?

借金・バクチ・ギャンブルだけを理由とした離婚は難しいでしょう

もちろん、夫婦間協議で成立すれば離婚が成立しますが、配偶者が離婚に反対した場合は調停でも不調に終わるケースが多く、最終手段として「裁判」ということになります

裁判となると「法廷離婚原因」が必要になるのですが、その中に「借金・バクチ・ギャンブル」というのは含まれておりません。
従って、「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当するとして離婚訴訟 に望むことになるのですが、「借金があるから」「バクチやギャンブルをしているから」といった理由では〝重大な事由〟には当たらないとして離婚は認められません。

例えば

事業に失敗し、莫大な借金を抱え、自己破産した場合

自己破産したから離婚が認められる事は先ずありません。破産したならば、返済の義務が無くなる訳ですから、破産前よりも生活の再構築が見込めます

もっと極端な例を言うと

パチンコなどギャンブルを生業といていたても、毎月利益を上げ、生活を保っているならば離婚理由には該当しません

「夫が失業したので離婚します」といっても認めるわけありません。逆に、「あなたは、どんな協力をしてますか?」と言われるでしょう

要は、「借金・バクチ・ギャンブル」などをキッカケとして、夫婦生活がどれだけ破綻したか、それが大きな判断材料になっています。そして、破綻する前に「どれだけ協力し合えたか」という事も必要です

最近では、奥さんが生活を省みずにパチンコやブランド品の購入、アイドルの追いかけなどにのめり込み、生活費を浪費し破綻しているケースも多いのが事実です

修復できるか?

借金・バクチ・ギャンブル、その人の性質にもよりますが、修復できる可能性はあります

実際に、パチンコやギャンブルを止めさせ、借金を完済し家庭円満を取り戻したケースはありますので、安心して相談にいらして下さい

離婚.相談.福岡離婚相談センターのお問合せ 0927918270 離婚.相談.福岡離婚相談センター メールでのお問合せ

PAGE TOP