DV・モラハラ【離婚・相談・カウンセリング】福岡離婚相談センター/NPO法人心の卵

DV・モラハラとは

「ドメスティック・バイオレンス」とは、一般的には「配偶者や恋人など親密な関係にある、又はあった者から振るわれる暴力」という意味で使用されることが多いようですが、 DVの本質は「配偶者が言葉やその他の暴力を使って脅かし、他の配偶者の生活をコントロールする」ということです。

最近では女性から男性へのDVも増えてきており、被害者を女性には限定していません。

モラル・ハラスメントとは、一般的には言葉や態度、身振りや文書などによって、人格や尊厳を傷つけたり、肉体的、精神的に傷を負わせてたり、雰囲気を悪くさせることです。

DV加害者の性格

①男女の役割分担意識(妻は家に居て、夫に黙って付き従うのが当然いう考え)

②過剰な期待と過度の依存(自分が愛するように、配偶者にも自分を愛することを求る)

③支配欲・独占欲

④内弁慶(驚くほどに外面が良く、DVなんて想像できないほど)

⑤暴力を犯罪と思っていない、認識していない

※必ずしも当てはまる訳ではないのですが、ある程度の性格傾向です。経験上ほぼ間違いありません

身体的な暴力

殴ったり蹴ったりするなど、身体的に直接何らかの形で力を行使するもの。
刑法第204条の傷害や第208条の暴行に該当する違法な行為であり、たとえそれが配偶者間で行われたとしても処罰の対象になります。

(例)

■平手打ち

■足でける

■身体を傷つける可能性のある物でなぐる

■げんこつでなぐる

■刃物などの凶器をからだにつきつける

■髪をひっぱる

■首をしめる

■腕をねじる

■引きずりまわす

■物をなげつける

※例示した行為は、相談の対象となり得るものを記載したものであり、すべてが配偶者暴力防止法第1条の「配偶者からの暴力」に該当するとは限りません。

精神的な暴力

精神的な暴力については、その結果、 PTSD(外傷後ストレス障害)に至るなど、刑法上の傷害とみなされるほどの精神障害に至れば、刑法上の傷害罪として処罰されることもあります。

(例)

■大声でどなる

■「誰のおかげで生活できるんだ」「かいしょうなし」などと言う

■実家や親戚、友人とつきあうのを制限したり、電話や手紙を細かくチェックしたりする

■何を言っても無視して口をきかない

■人の前でバカにしたり、命令するような口調でものを言ったりする

■大切にしているものをこわしたり、捨てたりする

■生活費を渡さない

■外で働くなと言ったり、仕事を辞めさせたりする

■子どもに危害を加えるといっておどす

■なぐるそぶりや、物をなげつけるふりをして、おどかす

■常に行動を監視する

■子供に配偶者の悪口を言う

※例示した行為は、相談の対象となり得るものを記載したものであり、すべてが配偶者暴力防止法第1条の「配偶者からの暴力」に該当するとは限りません。

性的な暴力

(例)

■見たくないのにポルノビデオやポルノ雑誌をみせる

■いやがっているのに性行為を強要する

■中絶を強要する

■避妊に協力しない

※例示した行為は、相談の対象となり得るものを記載したものであり、すべてが配偶者暴力防止法第1条の「配偶者からの暴力」に該当するとは限りません。

常習的な暴力

常習的な暴力には周期があるようで、蓄積⇒爆発⇒安定⇒蓄積という、まるで車のエンジンのようなサイクルです。そのDVというエンジンを動かすのは、配偶者に対する独占欲や支配欲からくるストレスと言う名の燃料です。
暴力によってストレスが発散されると、精神状態が安定し、急に優しくなってプレゼントなどを買ってきたり「二度と暴力は振るわない」と約束したり「俺が悪かった」などと泣いて謝罪したりします。 そして次の暴力に向かってストレスを溜め込んでいく蓄積期に移行していきます。

実際に私自身が経験した事ですが、常習的に暴力を振るう人が変わるとは到底思えません。生命に危険が及ぶ前に、そこから脱出しましょう

怖いのは、暴力を振るわれる側の気持ちです。批判や罵倒され続けられると、「自分に落ち度があるんじゃないか」「自分がおかしいのではないか」と思うようになる事です

そして、安定期に見せる小さな「優しさ」で「本当は優しい人だから」と信じてしまうことです

一度だけの暴力

「一度でも手が出れば、それはDVだ!」という人も居ますが、たった一度きりの暴力をDVと判断してしまうのもどうかと思います。もちろん暴力の度合いにもよりますが

当然、夫婦間には些細な口論なんて山ほどあるものです、それが発展した夫婦喧嘩は「DV」ではなく「夫婦喧嘩です」

DVとは、「強者が弱者を力で押さえつけ、コントロールする」という関係があることです。

一度の暴力や、些細な夫婦喧嘩をDVと言っていたら結婚生活なんてできません

自分の権利を主張する前に、そうなった原因をよく考えましょう

日常的に精神的暴力を与えているのは女性という場合も見受けられます

離婚.相談.福岡離婚相談センターのお問合せ 0927918270 離婚.相談.福岡離婚相談センター メールでのお問合せ

PAGE TOP