浮気・不倫【離婚・相談・カウンセリング】福岡離婚相談センター/NPO法人心の卵

浮気・不倫とは

浮気・不倫のことを法律上(民法)では「不貞行為」と表すことが多いのですが

その「不貞行為」とは、「配偶者のある者が、その自由意志に基づいて配偶者以外の者と性的関係を持つこと」を言います。
つまり「男女間の性交渉」ということですね

夫婦にはお互いに「貞操義務」を負わなければなりません。

貞操義務とは、結婚したからには相手に対し貞操を守らなければならないという義務のことです。

従って、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しないことになります。

また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではなく、反復した「不貞行為」が必要とされます。
しかし、現在では一回の不貞行為だけでも不貞と認定されている事案が多数存在しております。

性交渉も同様に、性行為が推認できる証拠物があれば性行為そのものを立証する必要が無い場合もあります。

浮気と不倫の違い

浮気と不倫の違いに明確に区別がある訳ではありませんが
「浮気」と聞くと、単発的や一時的な気の迷いから偶発的に発生した「単なる遊び」という行為
「不倫」と聞くと、別の特定な異性と長期にわたり肉体関係を持っていることだと解釈しています

よくあるのが、「どこからが浮気?」という議論ですね

・手をつないだ時点

・二人きりで飲みに行った時点

・キスをした時点

「浮気」とごいう観点は人の価値観により違いますが、上記に挙げた行為が「浮気」と解釈する人がいたとしても「不貞」ではありません。
性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しないという事です。

ここでいうと、「不倫」=「不貞」と解釈できます

また、1回かぎりの浮気で「肉体関係」をもった場合、確かに1回でも不貞行為となる訳ですが、「特定の異性と反復・継続した行為」というのが確認できなければ、その不貞行為による離婚請求を認められるのは難しいでしょう

離婚できるのか?

不貞行為は民法の定めている法廷離婚原因ですので、離婚請求は可能です

不貞行為を理由に離婚請求する場合には、請求する側の立証責任があります。
簡単にいうと御主人に不貞行為があった場合は、その証拠が必要だということです。
その証拠とは、御主人と愛人との「性行為を確認ないし、推認できる証拠」を立証しなければなりません。
また、不倫相手とのメール送受信の内容を保存しているのは良い事ですが、それだけでは立証に足りません。第三者にも「不貞」という事が明確に判る証拠が必要ですので、証拠収集には専門家の力が必要です。

裁判所では詐欺や詐称行為を防ぐため、不貞行為の証拠を厳しく制限しています。 裁判では不貞行為によって「婚姻を破綻させたかどうか」が焦点になります。

ただ1度だけの過ち(不貞行為)の場合でも許されるという訳ではありません。
この事が原因で婚姻関係を破綻させたと判断されれば、離婚原因の「婚姻を継続しがたい重大な事由」にあたるとされ離婚を認められるケースもあります。
ただし、この場合でも立証責任があります

修復できるのか?

「不倫」の場合、第三者(不倫相手)の気持ちも絡んできますので複雑なのは確かです。
事実確認が必要ですし、当事者の気持ちなどを確かめる必要があります

単なる浮気だった場合は、修復できる可能性はあります

相手も反省して、それを許す事ができたのならば、その事実は心の奥にしまい、そして前に進む事です

女性によくありがちな事ですが、いつまでも過去の過ちを引き合いに出す事。これは止めた方が良いです
言いたくなる気持ちも判りますが、言い続けても何も良い事はありません。言われる側にしてみれば大変な苦痛が伴い、余計に溝が広がるだけです

「不倫」や「浮気」に対する心の傷が大きい場合は、修復というよりも「関係の新たな構築」と考えると、気持ちも楽になるのではないでしょうか

決して簡単な事ではありません、悩んでいるならば早急に相談にいらして下さい。私達は全力でサポートします。

姦通罪

皆様は「姦通罪」という法律を御存知でしょうか?

日本の旧刑法で1947年(昭和22年)に廃止された法律ですが

姦通罪は必要的共犯として、夫のある妻と、その姦通の相手方である男性の双方に成立する。 夫を告訴権者とする親告罪とされた。また、告訴権者である夫が姦通を容認していた場合には、告訴は無効とされ罰せられないものとされた。

内縁の夫のある婦女が他の男子と私通しても姦通罪は成立しない。
正妻のある男が他の婦女と私通しても姦通罪は成立しない。

つまり、既婚の女性が浮気をし、それを御主人が告訴すると、奥さんとその浮気相手は刑法で罰せられるという事です。
そして凄いのは、それは女性(妻)にだけ適用され、男性(夫)が浮気しても刑法では罰せられないという事です

現在でも世界のなかで、「姦通罪」を定めている国があるみたいですね。もちろん男女平等と言う形で制定されているみたいですが。
イスラムでの姦通は重罪で最高刑は死刑だという事に驚きました

不倫は文化でなく、犯罪ということですね

離婚.相談.福岡離婚相談センターのお問合せ 0927918270 離婚.相談.福岡離婚相談センター メールでのお問合せ

PAGE TOP