離婚について【離婚・相談・カウンセリング】福岡離婚相談センター・NPO法人心の卵

離婚とは

離婚とは、夫婦が法律上(戸籍上)成立している婚姻関係を、将来に向かって解消することをいいます。
内縁関係(事実婚といいます)の解消は、法律上(戸籍上)の婚姻が成立していないので、離婚にはなりません。
判例上、夫婦二人に離婚する意思の合意があり、離婚届出をする意思さえあれば有効な離婚である(「形式的意思説」といいます)とされ、いかなる状況を回避する事が目的があったとしても、夫婦間で離婚届を提出する意思があれば、離婚は有効に成立するとされています。
逆に、配偶者が離婚を望んでいない場合は一方が離婚を希望していても、離婚は成立せず、調停や裁判で離婚を求めることになります。

離婚に対する意識

とある企業が、既婚者・男女を対象に離婚に対しての意識を調査したところ、実際に離婚を考えたことがある人は40%、現実に離婚の可能性を否定できない人は約50%に達した。 離婚に抵抗がない人は男女共に全体の30%くらいだそうです。

ひと昔前、昭和の頃は専業主婦が多く、離婚に対する偏見があり、母子家庭の子供に対する「いじめ」・「進学」や「就職」に不利になるという事もあり、子供の為にも「我慢」するという、離婚に対する抵抗や風潮があったと思います。
離婚件数として、昭和42年までは年間6万9千組〜8万4千組で推移していましたが、平成14年には年間29万組まで増加しているのが現実です。
現代では離婚に対する偏見も少なく、女性の社会進出が増え、我慢をする必要が無くなったのが原因で、離婚件数が増加しているのだと思います
そして、「離婚」の原因というのが、「配偶者の浮気」、「ギャンブル」、「性格の不一致」

離婚予備軍が増加する一方で、一度は離婚を考え配偶者に伝えた人の中で70%くらいは、今後「離婚はない」もしくは「わからない」と回答していることが明らかになっております。

福岡県における離婚率

総務省統計局の平成24年10月1日現在の推計人口によると、福岡県の婚姻件数27,973件に対し、離婚件数10,542件、2.7組に1組は離婚している状況です。離婚率は2.09(※日本人人口千人あたりの比率)で全国5位という悪い位置をキープしています
ちなみに、離婚率1位は沖縄県で2.59、2位大阪府2.16、3位宮崎県2.16、4位北海道2.13

地域性というのがあるのか、1位の沖縄では20代での婚姻も多いが離婚率も高い。理由としては仕事(有効求人倍率・失業率)や賃金問題などが原因のようです
全体的な離婚理由として挙げられているのは「性格の不一致」「浮気・不倫」「暴力・DV」「セックスレス」「浪費」などです
福岡県では晩婚化というのが特に顕著で、結婚適齢期における女性の未婚率は57%で全国ワースト3位
現在、男性の独身率が約20%、生涯独身でいい!という人が10人中2人は居るということです。推計になりますが、2030年には30%になるのではないかと言われており、 このまま婚姻件数が減少し、離婚件数が増加すれば、更に離婚率がアップする事になります。

結婚をしていない男性に意見を聞いた事があるのですが、結論「犠牲を伴ってでも結婚したい相手がいなければ結婚する意味がない」という理由でした。 結婚についての格言があるのですが、「結婚とは、男の権利を半分にして義務を二倍にすることである(ショウペンハウエル)」まさにその通りです。
女性から話を聞くと、 結婚したいけど良い相手がいない。相手に求める条件「収入、顔、会話や服のセンス、エスコートの仕方やデートの内容、その他諸々」。これでは結婚に繋がる訳はないと実感しました
男と女では求めているものが違うのです。これは、結婚している夫婦に対しても同じではないでしょうか!?
妻に対し、犠牲を払う価値が無くなれば、他の女性に魅力を感じ始め
夫に幻滅すれば、求めている条件の男性を探し始める

中途半端な地方都市である福岡では、このような事情が多いようですね

世界の離婚率ランキング

国連が、2011年の統計年鑑を基に調査したデータを2013年に発表しました。そのデータによると、国民1000人当たりの離婚件数のトップ10は以下のようになっています。

1位 ロシア 4.7

2位 ベラルーシ 4.1

3位 ラトビア 4.0

4位 米国 3.6**

5位 リトアニア 3.2

6位 モルドバ3.1

7位 キューバ、ベルギー2.9

8位 ウクライナ2.8

9位 チェコ2.7

10位 デンマーク、ヨルダン2.6

ちなみに、日本の国民1000人当たりの離婚件数は1.9。日本の婚姻率は国民1000人当たり5.2ですので、だいたい3組に1組は離婚しているということです。

離婚.相談.福岡離婚相談センターのお問合せ 0927918270 離婚.相談.福岡離婚相談センター メールでのお問合せ

PAGE TOP